« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の記事

2020年5月31日 (日)

雑木林の中で

普段大きな樹の下で陽ざしを受けることが少ない下草に、明るい太陽の光が射しこんでいました。

地味ないでたちで人目に付かず、存在すら意識されないものが時に輝くと、一層鮮やかに感じられます。


_dsc3882

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

スモークツリー

散歩の途中に大きなスモークツリーがあります。
雲ひとつない青空に綿菓子のような花が良いコントラストを見せていました。

_dsc3874

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

桂の葉

若草学園の事務所の横に桂の木があります。
新緑から段々緑の色が濃くなってきました。
葉の形をよく見るとハートがいっぱい並んでいるようです(*^^)v

_dsc3545

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

サツキが満開

庭のサツキが満開になりました。
躑躅の中では比較的遅く咲いて、毎年初夏の庭を華やかに彩ってくれます。

_dsc3969_1

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

増えた睡蓮の花

4日ほど前に覗いた蓮池は、睡蓮の花がポツンと一輪。
寂し気な感じでしたが水面が賑やかになってきました。

_dsc3859_4

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

ガマズミ Ⅱ

散歩の途中でまたガマズミの花が奇麗に咲いていました。
雑木の中で白い色がよく目立ち、花の可愛さと相まって「ガマズミ此処にあり」と主張しているようです。

_dsc3935_2_20200527202401

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

烏もいっぷく

散歩道の横でカラスも羽を休めていました。

_dsc3843

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

蓮池の睡蓮

潮見坂平和公園の蓮池の水面が少しずつ賑やかになってきました。
大賀蓮の開花までにはまだ少し時間がかかりそうですが、先だって睡蓮が一輪咲いていました。

_dsc3848_2

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

路傍の情景 Ⅲ

毎日の散歩の折には必ず眼にする景色ですが、時季の経過と共に色彩の変化を楽しむことができます。
景色を彩る花の種類が変わり緑の色も濃くなってきました。

_dsc3913_01_1

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

竹林の情景

散歩道の脇には所々に竹藪があり美味しそうな筍がすっかり立派な竹に成長しています。
竹の足元には白い小さな花が咲いて初夏の装いが進行中。

_dsc3854

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

尻冷し地蔵 参拝

散歩のコースを少し変えて、春日井市指定有形民俗文化財に指定された「尻冷し地蔵」を参拝してきました。
鄙びた小さなお地蔵さんですが多くの参拝者が訪れています。

_dsc3835_2

_dsc3838

_dsc3833_3

_dsc3834

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

海桐(とべら)の花

庭の海桐の花が咲き始めました。
海岸に自生することが多く、秋になると赤褐色の実を付けます。
若木をi若木を植えて50年ほど経ちましたが、成長が遅く大きくなりません。

_dsc3919_01_2

_dsc3935_1

_dsc3951_1

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

葡萄の棚

日の散歩道は濃尾平野の北の端に位置する丘陵地にあるため、葡萄や桃など果樹園に面しているところが多い。
農家の皆さんは収穫の時を目指して毎日懸命な努力を重ねておられます。

_dsc3827

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

木陰のベンチ

「ふれあい緑道」には随所にこうしたベンチが配置されていて、疲れたら一服できるようになっています。
陽射しがだんだん強くなり、ちょっと腰を下ろすことができて熱中症対策の効果が期待されます。

_dsc3815_2

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

マウント変換アダプター

コンタックスGマウントレンズをニコンZマウントのカメラボディに装着するための変換アダプターを購入しました。
K&F Concept製のアダプターで安価なのに質感もよく、Z7のボディにピッタリ装着できました。

_dsc3887_01_2

_dsc3880_01_1

NIKON Z7にアダプターを介して、Contax Gマウント Carl Zeiss Biogon 28mm f2.8 を装着したところです。

_dsc9702

1994年に発売された小型で軽量なレンジファインダー式の35㎜フィルムカメラ。
小さなバッグにボディ2台、レンズ4本を入れてよく撮影に出掛けました。
現在もこの写真の機器は全て手元にあります。

14-contax-g1

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

潮見坂墓園の塔

潮見坂墓園第1墓所の一番奥に建つ高架水槽。
離れたt場所からも見ることができる墓園のシンボルです。

_dsc3758_2

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

豌豆の花 Ⅱ

眩しい太陽の光を浴びて豌豆の花が輝いていました。
日陰を求めてモンシロチョウが羽を休めながら蜜を採取する姿が愛らしい。

_dsc3767_2  

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

ヒルザキツキミソウ

散歩の道中にこの花の群生地があります。
花の名前を調べたら月見草の一種だと判明。雑草ですが群生してると中々きれい(^^♪

_dsc3770

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

チェリーセージ

お隣の家の玄関脇に咲いた可憐な花。ハーブの一種でハーブティーやシロップ等に利用されているそうです。
チェリーセージの名は多品種の総称で開花時期が長いのが特徴とのこと。

_dsc3746

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

道端の躑躅

毎日散歩で通る潮見坂平和公園の入り口付近にある躑躅の植え込みが大変きれい。
コロナウイルスの感染がいくらか少なくなりつつあるとTV等では報道されていますが、安心できるレベルには至らず依然として家に引きこもっている乗田が続いています。
その中でカメラ片手に散歩の道すがら眺める季節の移り変わりが唯一楽しみな毎日です。

_dsc3749

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

ふれあい緑道の一角で

毎日の散歩コースの中で見つけた埴輪。道沿いを少し奥まったところに並べられていました。

_dsc3735_2

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

鷺たちのコロニー

散歩の道中には幾つか灌漑用の池があり、その中のひとつ(奥池)に鷺のコロニーがあります。
多くの鷺の仲間たちがこの池の森をねぐらにしています。

_dsc3608

_dsc3611

| | コメント (2)

2020年5月 9日 (土)

ブラックベリー開花

我が家の玄関先で毎年咲く可憐な花ブラックベリーです。
今年もいつもの年と変わらず咲き始めました。

_dsc3850_01_1

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

御岳遠望

散歩で潮見坂墓園を歩いていると、雨上がりで快晴の所為なのか、雪を冠った御岳がクッキリ奇麗に見えていました。

_dsc3718_2

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

梅がいっぱい

昨日は朝からの雨で久しぶりに散歩を中止しました。
そこで今日は、散歩コースの途中数日前に撮影した梅の実です。

_dsc3602

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

なんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)

庭の木に花が咲き始めました。
東海地方では岐阜県東濃地方の一部や愛知県の犬山市などで自生するヒトツバタゴを見ることができます。
愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県では絶滅危惧II類に指定されているそうです。

_dsc3806_01_1

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

雨上がりの散歩

昨日は孫たちも一緒に散歩に出かけてきました。
道端にはいろいろな植物の花が競って咲き心を和ませてくれます。花の名前は上から順に「ハリエンジュ(針槐」「ダッチアイリス」「つつじ」

_dsc3699_1

_dsc3700

_dsc3692_2

_dsc3703

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

野辺の美女

潮見坂墓園を見下ろす高台の道端で不意に現れた野辺の美女。
眼差しの先には何が写っているのか気になる光景です。

_dsc3690_2

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

廃屋

いつもと少しコースを変えて歩いていると、畑の隅に蔦の絡んだ廃屋が眼につきました。
壁を覆ったトタン板が破れて何処か侘しさの漂う佇まいです。

_dsc3671

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

豌豆の花

家の近くの畑に豌豆の花が咲いていました。

可愛らしい姿で、好きな花のひとつです(*^^)v

 

 

_dsc3658

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

ナガミヒナゲシ

散歩道の途中で雑草の中に咲く朱色の花を目にして図鑑で調べたところ「ナガミヒナゲシ」という名前だとわかりました。
繁殖力の旺盛な雑草とのことですが道端を彩る可憐な一輪です。

_dsc3543_1

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »