« 東北地方太平洋沖地震のお見舞い | トップページ | 長野県北部地震 »

2011年3月12日 (土)

福島第一原発の事故

恐れていた事態が近づいているのではと、疑心暗鬼になってしまいます。福島第一原発で炉心溶融が起こった可能性を報ずるTV見てから、既にかなりの時間を経過しても、未だに詳細が発表されないのは何故なんだろうと、かえって最悪の事態を思い描いてしまいます。枝野官房長官が、原発から近いところの人々に冷静な行動をと訴えかけても、爆発事故の場所を確定するまでにこれほど時間がかかるようでは、なかなか安心して沈着な行動をとりにくいことと思われます。原子炉の建屋がなくなったとすれば、スリーマイルの事故を超えることも・・・。被爆した人が少しずつ増え始めていますが、何とか最悪の事態だけは避けてほしいと、本当に心から念じています。

|

« 東北地方太平洋沖地震のお見舞い | トップページ | 長野県北部地震 »

その他」カテゴリの記事

コメント

遠く離れた東海地方でもあの揺れ方でしたので、震源近くの地面がどんな揺れ方をしたかが想像できます。これから少しずつ色々な救護策が講じられることだと思いますが、拙速でも構わないので素早い対応が望まれますね。

投稿: カルナ | 2011年3月13日 (日) 09時25分

 ビックリしました!ちょうど、名古屋の地下鉄ホームにおりましたので、一瞬、生き埋めになるかと・・・。
 被災地の方は、本当にお気の毒です。
原発の被害も出始めており、心配です。
せめて、子供たちだけでも、学校ごと、疎開児として、この近畿東海地方で、迎え入れるようなことでも出来ないでしょうか・・・。

投稿: SENGA | 2011年3月12日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534539/51103625

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発の事故:

« 東北地方太平洋沖地震のお見舞い | トップページ | 長野県北部地震 »