« 震源がだんだん近づいて不気味 | トップページ | 水の投下と放水 »

2011年3月17日 (木)

何とかしないと・・・

昨夜のTVニュースで南相馬市の市長さんが現在の窮状を心の底から訴えて居られるのを聞いて、本当に、国は何としてでも食料やガソリン、灯油など届ける方策を早急に練らないと益々不安や不満が広がることと思います。福島原発から30Km圏内にある市町は、何処も同じ状態であろうと考えると、せめて食料や燃料くらいは届けてあげないと、国民全体がこの国で安心して暮らせなくなるような感じになってしまいます。そのために拠出する税金が少々増えても文句は出ないと思いますが如何でしょう。原発に関して知識のない私にもある程度理解できる具体的な情報が、少しずつ、判り易く開示され始めました。何故もっと早い段階から伝えられなかったのか、情報の少なさが皆の疑心暗鬼を生み、南相馬市のような孤立状態を作り出したように感じます。誰も敢えて危険を犯すリスクは避けたいことと思いますが、早く正確な情報を持てばいたずらに過度な防衛に陥ることもなく、お互い冷静沈着に行動することができ、孤立した地域の解消につながることと思います。

もし東海地震が起きた時のことを想像しながら、被災地に救援の物資が届くまでの日数を考えて見ると、備蓄する食料や水は最低でも10日分くらいは必要だと改めて感じました。我が家の現状を振り返ると3日分しか備蓄されていなくて、少し不安になっています。

|

« 震源がだんだん近づいて不気味 | トップページ | 水の投下と放水 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534539/51138943

この記事へのトラックバック一覧です: 何とかしないと・・・:

« 震源がだんだん近づいて不気味 | トップページ | 水の投下と放水 »