« まだ不安 | トップページ | 大丈夫か日本 »

2011年3月15日 (火)

緊急地震情報にドキリ

福島原発はギリギリのところで何とか最悪の事態だけは免れているようですが、三個の原子炉が同じような経過で次々と非常事態に陥ることを防ぐことができないということに、いったい普段どんな管理がされているのか本当に不安が募ります。

新たに2号機の一部に欠損ということが伝えられていますが、それがどんな事態を意味しているのか、官房長官の会見からでは私のように無知なものには全く理解できません。緊迫の度合いが増していることは会見にあたる人たちの態度や様子から察しがつきますが、手遅れにならないよう、早急に最善の解決策を講じてほしいと切望いたします。

昨日16時45分ごろ、名古屋駅前にあるプライムセントラルタワーの13階で会議に参加していたところ、会場のスピーカーからけたたましく緊急地震情報がながれ、程なくして震度4以上の揺れが来るので注意するようにと呼び掛けがありました。思わず身構えて待つこと暫し。結果的には体感できる揺れはなく無事に時間が過ぎていきましたが、時が時だけに少なからず肝を冷やしました。緊急地震情報がどんな仕組みとタイミングで発せられるのか詳しくは理解していませんが、このところ何度もTVの緊急地震情報の画面に驚ろかされているように思います。なかなか的確に伝えることは難しいことと思いますが、あまり誤報が頻発するとオオカミ少年のごとく肝心な時に信じてもらえなくならないかと少し心配です。

千葉県の親戚から、水道が断水して水がないとSOSをもらったので、早速購入して送ろうと思い、スーパーやリカーショップなどを回りましたが、驚いたことにうず高く積まれていた水は影も形もなくなっていて購入できないまま。店員さんに訊ねたところ先週末にあっという間にすべて売り切れたそうです。我が家の危機管理は少しのんびりし過ぎかと、少なからず反省しました。それにしても皆さんの反応の速さには少々びっくりです。

|

« まだ不安 | トップページ | 大丈夫か日本 »

その他」カテゴリの記事

コメント

我が家でも突然の危機に遭遇して日ごろの危機管理の甘さを思い知ることになりました。我が家の危機と違って原発の管理の甘さには本当に唖然としますね。まだまだ余震が続いているようですが用心してください。

投稿: カルナ | 2011年3月15日 (火) 22時40分

我が家は危機管理が甘すぎでした。用意しなくちゃと話してはいましたが、懐中電灯すらなく、計画停電に備えて急いでネットにて購入。届くのにはちょっと時間がかかりそうですが、それまでは近所のお友達が貸してくれました。
日曜日に普段の買い物として行ったスーパーでレジに1時間も並び、オムツも店頭から消えてます。
うちは必要な分だけ買うようにしてますが、周りがそうだと結構焦りますね。できるだけ冷静にいたいです。

投稿: もじゃか | 2011年3月15日 (火) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534539/51119682

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急地震情報にドキリ:

« まだ不安 | トップページ | 大丈夫か日本 »