« 椿の花 | トップページ | 福島第一原発の事故 »

2011年3月12日 (土)

東北地方太平洋沖地震のお見舞い

昨日14時46分の地震の際には、名古屋周辺でもかなりの揺れを感じました。私はその時、机に向かってPCのキーボードを操作中でしたが、瞬間目まいに襲われたのかと錯覚しました。そのうち壁に架かっている額がゆっくり揺れいているのを見て、地震だと気づき表へ出てみたところ、コンクリートの電柱がゆらゆらと揺れ、それにつれて電線も大きく揺れているのを確認。その揺れ具合から遠い場所で、とんでもなく大きな地震が起こったのではないかと思い、早速PCで地震速報を検索したところ、三陸沖でマグニチュード7.9の地震が起きたことが判明しました。それから数度壁の額が揺れる程度の地震が感じられ、その後は体感できるほどの揺れはなく落ち着きを取り戻すことができました。自宅に戻りTVのニュースでマグニチュード8.8の巨大地震であったことを知り、震源近くの被害の様子等を目の当たりにするにつれ、改めて地震の怖さを再認識した次第です。          まだ余震も治まらない様子ですが、被災地の皆様方のご苦労は如何ばかりかと思うと、お見舞いの言葉すら見つからない心境です。    一刻も早く立ち直っていただきますよう心からお祈り申し上げます。願わくばこの地震が東海地震や東南海地震を誘発することがないよう祈るばかりです。

|

« 椿の花 | トップページ | 福島第一原発の事故 »

その他」カテゴリの記事

コメント

 驚きました!ちょうど、名古屋の地下鉄ホームにおりましたので、生き埋めになるのでは・・と、恐怖でした。
 被害地の方は本当にお気の毒です。
原発被害も出始めています。
せめて、子供たちだけでも、しばらくの間、この近畿、東海地方に、疎開児童として迎え入れるようなことでもできないものでしょうか・・・。

投稿: SENGA | 2011年3月12日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534539/51092747

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震のお見舞い:

« 椿の花 | トップページ | 福島第一原発の事故 »