« 長野県北部地震 | トップページ | 緊急地震情報にドキリ »

2011年3月14日 (月)

まだ不安

今回の地震の規模がマグニチュード9.0であったと訂正されました。首都圏の交通機関は、ほぼ平常に戻り落ち着きを取り戻すことができたようですが、横浜に住む次男も11日は都内からの帰宅手段が確保できず、職場で一夜を過ごしたそうです。次男からは揺れ具合がこれまで体験したことのない状態で、大変怖い思いをしたと伝えてきました。そんな中、お陰さまで関東地方の親戚、知人には被害もなくほっとしています。

まだまだ大きな余震が頻発している状態で安心できる状態ではないようですが、一番憂慮すべきは福島原発の様子です。日本の原発の安全神話崩壊は、世界の注目を集めるところとなり、危機に対する備えの不備など今後の運営に多大な影響が及ぶことが予感されます。さらに官房長官の記者会見で最も気にかかることは、国がどう速やかにこの事態に対応するのかということが今一つ伝わってこない気がして不安が募ります。

|

« 長野県北部地震 | トップページ | 緊急地震情報にドキリ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534539/51106908

この記事へのトラックバック一覧です: まだ不安:

« 長野県北部地震 | トップページ | 緊急地震情報にドキリ »